テラドローン事業開発部長・竹崎が、北海道建設新聞にて取材をしていただきました!
現在北海道全域を統括している竹崎は、道内の現場は広大であり、足場が設置しにくい険しい地形や災害復旧現場などが多いことから、「レーザー搭載ドローンが最も適した技術」と判断。道内の現場稼働最盛期にあわせ、提案を強化しています。具体的に道内の現場で、レーザー搭載ドローンがどう活躍するのかなど、今後の動向も含めご紹介させていただいています。

RANKING

  • 週間
  • 月間