テラドローンは、EGAT(タイ国営電力会社)とポーランドの電力会社の長距離送電線点検のPoCを実施し、タイで3キロ、ポーランドで12キロにわたる送電線マッピングを完了。GSD約1cmの高精度3D送電線マップと、詳細な植生除去レポートを、電力会社に提供いたしました。この送電線点検ミッションは、周囲の植生に対する送電線の位置調査、そして植生除去レポートの作成を目的として、行われました。

この一連のミッションでは、RTK付きの固定翼にSony RX1R II(フルフレーム42-Mpixカメラ)を装備し使用。最大60分間の飛行で、合計50キロ以上の送電線の点検が可能になります。取得したデータを、PPKアルゴリズムによるポストプロセスにかけることで、写真からは再現が難しい電線の3Dモデリング化、周辺障害物からの離隔距離判定が可能となりました。このようなAIを活用した電線認識ロジックにより、より高精度な植生除去レポートの作成が可能となりました。

従来のヘリコプターを利用した目視点検と比べると、3Dマップデータ、なおかつ詳細なレポートが取得できるため、より正確な点検・管理が実現いたしました。

今後、弊社はサービス及び独自アルゴリズムによるポストプロセスにより、日本及び世界各国のインフラ所有企業様の送電線植生管理に貢献してまいります。

実証実験成功後のテラドローンとEGATの参加メンバー

 

実際の飛行プラン

 

アルゴリズムにより作成された3D送電線マップ(1)

 

アルゴリズムにより作成された3D送電線マップ(2)

 

植生と送電線との距離分析

 

実際の送電線点検レポート

 

RANKING

  • 週間
  • 月間