弊社のドローン搭載型レーザ「Terra Lidar」 を導入して頂いた(有)羽後測機様にインタビューを実施しました。

Terra Lidarを選んだ理由、その後の活用について伺いました。

(有)羽後測機によるドローン測量中の様子

 

Q1 御社の事業内容を教えてください。

東北を中心に、測量機械の修理・レンタル・販売・工事用各種看板製作・測量用品・CADソフト販売、を主に行っております

 

Q2 ドローン搭載型レーザー導入の経緯を教えて下さい。

会社の事業の幅を広げる為に、測量機器のレンタル事業以外に、新たな事業を始めていこうと考えた時に、ドローン搭載型レーザーに関心を持ちました。関心を持った理由としては、主に二つあります。

一つ目は、ドローン・レーザーの技術的優位性です。東北のような植生が多い地域でも、ドローン・レーザーであれば、伐採前に、簡単に、山間部や森林地域の地形測量が可能なので、他の測量手法と比べて、技術優位性が高いと感じました。

二つ目は、先行投資的意味合いです。一般的に、ドローン・レーザーは、価格が約3000~4000万と高額な為、現状導入企業は多くありません。そこで、先進的に導入し、ドローン・レーザーを用いた測量に取り組むことで、今後役所や発注者に対し、他社よりも幅広い提案ができるようになると考えました。

Terra Lidarを積載したドローンの飛行準備の様子

Q3 その中で、Terra Lidar(テラライダー)を選んだのはなぜですか?

ズバリ、価格と実績です。

各社のドローン・レーザーを調べている時に、偶然インターネットで、テラドローン社のドローン搭載型レーザーTerra Lidar(テラライダー)の記事を目にしました。早稲田大学と共同開発で、従来精度を担保し、かつ価格は従来の1/3以下(約650万)で販売開始という記事を見て、「これであれば、うちのような中小規模の会社でも導入できる!」と、急いでテラドローン社の担当に連絡しました。

また、以前からテラドローン社とは2年近いお付き合いがあり、ドローン・レーザ測量を何度かお願いしたこともありました。ですので、彼らのこれまでのドローン測量実績(合計800現場以上)も知っていたので、それも購入の決め手の一つになりました。

 

Q4 実際導入された感想や活用事例等について教えて頂けますか?

導入して約4ヶ月ですが、既に10~20近い現場で活用しています。活用ケースとしては、災害地の現況把握、太陽光造成の地形測量、ICT施工の、法面計測、土捨て場の土量調査、河川・砂防の計測等さまざまです。

 

Q5 今後、Terra Lidarをどのように活用していく予定ですか?

今後は、ドローン・レーザーをより「普段使い」していけるように、今よりも更に幅広い現場の測量に、活用していきたいと考えています。

飛行経路作成する様子 / サンプルの飛行経路

 

Q6 Terra Lidar導入を検討されている企業にメッセージをお願いできますか?

現状、「ドローン・レーザー測量は、敷居が高いのではないか?」と感じる方もいらっしゃるかと思います。しかし、今後は、レーザーの技術的優位性や国の後押しもあり、より普段使いのものとなっていくと思います。

特にTerra Lidarは、ドローン・レーザー普及のネックになっている、二つのハードル(高価格・運用難)をクリアできます。

価格面では、これまで安くても約2000~3000万円するドローン・レーザーをTerra Lidar(テラライダー)であれば約1000万以下で導入できます。

運用面でも、これまでドローン・レーザーは、ドローン・オペレーターや取得データ解析のハードルが高く、購入後、中々活用しきれていないケースも多いと聞きます。しかし、Terra Lidar(テラライダー)であれば、日本一のドローン計測実績を持つテラドローン社による導入前後のサポートに加え、手間のかかるデータ解析部分も彼らにお願いすることも可能なので、運用のハードルも非常に下がりました。

是非、この機会にTerra Lidar(テラライダー)の導入を検討してみてはいかがでしょうか!

飛行中のドローンからの映像 / 飛行完了後、その場で取得データの確認