発電所ボイラー・焼却炉点検にも利用可能なUT検査。世界最大の焼却炉数を有する日本でも導入可能

テラドローンのグループ会社であるTerra Inspectioneering(本社:オランダ)が、世界最大手の総合化学メーカーであるBASF(本社:ドイツ)に対し、UTドローンによる発電所ボイラーの点検を実施いたしました。欧州では化学プラント内の発電設備の定期点検が義務化されており、引き続き同社の設備点検を実施していく予定でございます。

BASFプラントの様子

UTドローンをボイラー点検に活用することにより、足場設置にかかる数百万円から数千万円のコスト削減、40時間以上の時間短縮が見込まれます。さらに、高所での作業、点検時における職員の有害物質摂取、新型コロナウイルス感染対策として人の接触等を抑制・防止することで、健康被害のリスクを最小限に抑えます。

UTドローンは発電所でのボイラー点検に加え、焼却炉の水管点検にもご利用可能です。焼却炉数世界二位のアメリカが約300基保有するのに対し、国土の狭い日本は、1000基以上もの焼却炉数を保有します。この現状から弊社は、UTドローンによって焼却炉点検を効率化することで、日本全体に有益な経済効果をもたらすことを目指しております。

Terra Inspectioneering社製のUTドローン

▼UTドローンが屋外で板厚検査を実施する様子(動画)

https://www.youtube.com/watch?v=2aN8DQI0GLY

※今回実施した点検の様子ではありません。他のプラントでの点検時の様子です。

 

Terra Inspectioneering

Terra Inspectioneeringは、2016年5月13日にRoNik Inspectioneeringとしてスタート。板厚検査を含むオイル&ガス系貯蔵タンクの点検・メンテナンスを中心としたサービスを長年提供してきており、欧州の大手オイル&ガス会社を中心に200件以上の実績をもつ。オランダのアムステルダムで行われたコンテストThe Drone Hero Europe 2019で、欧州でトップのドローン企業に選出される。2019年にテラドローンが出資を完了させ、同社はTerra Inspectioneeringに社名を変更。

現在では、独自のUTドローンを用いた、タンクの壁厚点検に注力。ドローンを使った肉厚測定技術も開発し、特許を取得。目視検査や熱検査も行う。ドローンで収集した検査データは、クラウド上の検査対象物の3Dモデルを介して共有され、クライアントがアクセス可能なシステムを構築。

■テラドローン株式会社

2016年に創業。東京本社含め、全国に拠点を構え、海外においても欧州・東南アジアを中心に事業展開する、世界最大の産業用ドローンソリューションプロバイダー。世界的なドローン市場調査機関のDrone Industry Insightsによる「ドローンサービス企業 世界ランキング2020」において、産業用ドローンサービス企業として「世界1位」に選ばれる。

日本では大手ゼネコン・建設コンサル等からの案件を中心に、世界でもトップクラスとなる1,500件以上のドローン測量/点検実績がある。現在では、独自技術による高精度且つ大幅な低価格化を可能とした「Terra Lidar (特許取得済)」、ドローン前提社会の実現において必須の運航管理プラットフォームである「Terra UTM」、飛行申請から保険までオールインパッケージの簡単なドローン屋根点検アプリ「Terra Roofer」等を開発、販売。



本件に関する問い合わせ

テラドローン株式会社 

電話 : 03-6419-7193

メール: info.jp@terra-drone.co.jp

HP : http://www.terra-drone.net