Laser Drone レーザードローン

従来の写真測量では成しえなかった、高精度リアルタイム3D マッピングを実現。
テラドローンでは各産業が抱える測量・点検課題に沿った、航空レーザー測量ソリューションを提供しています。

レーザー測量

Overview 概要

概要写真

今までの航空写真測量では
捉えきれなかった森林地帯の
地表データなども作成可能に。

ドローンと小型で軽量化された全方位ライダーイメージングユニットをインテグレート。計測する地形や予算、要求精度に応じてミドルエンドモデルのVelodyne社製、ハイエンドモデルのRiegl社製、2種類のレーザーで多種多様な顧客ニーズに対応しています。高精度にてリアルタイム3Dマッピングを実現。スピーディかつ正確に周囲状況のマッピング情報を取得し、成果物データを提供可能です。 今までの航空写真測量では捉えきれなかった森林地帯の地表データなども作成できます。まずはお問い合わせください。

Industry applications 産業別用途

  • 土木測量×レーザー

    土木測量×レーザー

    従来の写真測量では計測が困難であった樹木が生い茂る環境下においても、直接的に地形データ取得が可能となりました。写真測量に比べ、さらに高精度なデータを担保でき、また地表マーカーを置く必要がなくなる為、より短時間での測量を実現できます。

  • 電線点検×レーザー

    電線点検×レーザー

    人的コストと点検時間を大幅に要していた、送電線と接近樹木の隔離評価もテラドローンの航空LiDARソリューションでデータ提供可能に。森林保安伐採の時期や場所を特定するために必要となる隔離評価も、弊社ドローン点検システムを使用し効率的に実現できます。

  • 森林測量×レーザー

    森林測量×レーザー

    従来の航空写真測量では、うっそうと生い茂る樹木が障害となり、地表面全体のデータ取得が困難でした。 この問題を解決するべく、テラドローンではいち早く航空LiDARソリューションを導入し、直接的に地表面の状況を計測できる技術・ノウハウを蓄積しています。 ドローンを使用するため、地上レーザースキャナーと比較しても効率的にデーター取得が可能となります。